不動産屋の担当者との上手な付き合い方

不動産屋の担当者との上手な付き合い方


不動産屋の担当者との上手な付き合い方
"今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。不動産屋の広告などで「これがオススメ物件!」とある賃貸物件というのは、本当にオススメというワケではありません。
勘違いされている人も多いかと思いますが、本当のオススメ物件をわざわざオススメ!と大々的に宣伝をする必要は無いのです。

人気のオススメ賃貸物件が出た場合に、すぐに不動産屋から声をかけてもらうことの出来る方法があります。
それは不動産屋の担当者と顔見知りになってある程度日常会話が出来るくらいの仲になっておくことです。不動産情報や広告に載っている賃貸物件だけが、不動産会社のオススメ物件だと多くの人が考えていることでしょう。
しかし実際には本当に人気がある物賃貸物件というのは、広告をに掲載をしなくてもすぐに埋めることが出来るのです。"



不動産屋の担当者との上手な付き合い方ブログ:07-5-18

減量するときには、
筋肉の量というものが大きく左右してきます。
筋肉がカロリーを最も消費するからです。

ですから、
効率的に体重を落としていきたい人は、
トレーニングを日常生活の中に取り入れていくことが
お勧めなんです。

別にトレーニングといっても、
肩こり体操や肩こり体操を24時間に何百回もやれとは言いません。
そんなことをすれば、
ボディービルダーのように筋肉モリモリになってしまいます。
そんな体型を求めて減量する人は少ないでしょうからね?

24時間十回程度の軽い肩こり体操でOK!

ただ、肩こり体操を行うときには、
「ゆっくり動作する」ということを心がけましょう。

回数こなそうとする人は
一回一回の動作が速くなっています。
動作が速くなっているということは、
自分が鍛えようとしている筋肉以外の部位を
動かしている可能性があります。

例えば、腹筋トレーニング。
早く腹筋トレーニングをしようとすると、勢いをつけることになります。

すると首の筋肉とか、
いすなどに足を引っ掛けている場合には、
足の力を使って身体を起き上がらせています。
ということは、腹筋トレーニングをしているように見えて、
腹筋への負担は半減しているのです。

回数を少なめにしてゆっくりとトレーニングをする場合、
ほかの筋肉を動かすことがなくなります。
しかもトレーニングをしているときに、
自分が今どこを鍛えているのかということを
意識しながら行うことができます。

どこを鍛えているか意識するということは
トレーニングをする上で大変重要になってきます。
意識をすることによって、
より効率的なトレーニングを行うことができるんだそうですよ!

スポーツ界でも「スロートレーニング」といって、
ゆっくりとしたトレーニングを行ったほうが効果が高いとされています。
回数は少なくてもゆっくりと確実にこなすほうが、
実は減量には大きな効果を発揮するみたいですよ!

不動産屋の担当者との上手な付き合い方

不動産屋の担当者との上手な付き合い方

★メニュー

予算と間取りなどを決めておこう
物件の設備や条件などもチェック
入居審査をクリアして賃貸契約となる
引越しの為の準備と引越し当日
物件下見で必ず確認をしておくこと
交通便と安全性の確認を忘れずに
不動産屋を選ぶ時に対応能力を知る
管理会社へ設備のトラブルは報告
不動産屋の担当者との上手な付き合い方
物件の管理状況を目で確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)隠れ家的存在にもなる賃貸情報